どうもききです。

今回は薄毛と交感神経の関係についてお話したいと思います。

髪の毛は血液という栄養を養分として成長していきますが自立神経によって血液の流れが変わります。

自立神経には交感神経と副交感神経があります。

副交感神経が活発なときは血管が緩くなって毛細血管、頭皮の血流の流れはよくなります。

スポンサーリンク

逆に交感神経が活発な時は血管が収縮して血圧が上がります。

毛細血管は血管が細いので交感神経が活発だと血液の流れは悪くなります。

前頭部は毛細血管が少ないので血流が悪いと特にハゲやすくなります。

この副交感神経が活発になるのは睡眠時で睡眠時間をしっかりとることが重要になります。

またリラックスしているときも副交感神経が活発になります。

逆に精神的ストレスが溜まると緊張して血管は収縮し自立神経が乱れるという悪循環に陥ります。

またパソコンやスマホも自立神経が乱れるので寝る前はおすすめしません。

また熱いお風呂のお湯なども交感神経になります。

こういった刺激は交感神経を活発にしてしまうのでなるべく控えたほうがいいですね。

自立神経を整えるには日光に浴びたり軽い運動をすると良いと言われています。

最後に副交感神経神経を活発にする成分として塩化カルプロニウムがいいと言われています。

塩化カルプロニウムは副交感神経を刺激し毛細血管を拡張させる作用があるとのこと

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)