薄毛、抜け毛予防にはフィナステリド

どうもききです。

今回は薄毛、抜け毛に効果的なフィナステリドという成分について解説したいと思います。

フィナステリドとはプロペシア内服薬などに含まれている成分でリアップと同じく薄毛や抜け毛を改善するための内服薬ですがフィナステリドは薄毛の原因を除去するためだけのものでリアップのような発毛効果はありません。

ただリアップみたいに全く効果がないということはなく薄毛を予防するだけでも育毛に繋がる可能性があるようです。

フィナステリドの効果

 

脱毛症の原因はDHTジヒドロテストステロンという悪性男性ホルモンが毛乳頭細胞の細胞質内の受容体(アンドロゲンレセプター)とくっついて髪の毛を脱毛させる命令を送る脱毛因子を増殖させることによって起こります。

スポンサーリンク

ジヒドロテストステロンは男性ホルモン(テストステロン)と5αリアクターゼが結合することで発生します。

5αリアクターゼとは還元酵素で前頭部と後頭部の毛乳頭に多く存在します。

5αリアクターゼが多いとその分ジヒドロテストステロンを沢山生み出してしまうそうです。(男性ホルモンの量に関してはそこまで個人差はないとのこと)

フィナステリドはこの男性ホルモン(テストステロン)と5αリアクターゼの結合をブロックしてくれる働きがあります。

つまり薄毛の原因であるジヒドロテストステロンを消してくれるということですね。

またリアップと違って初期脱毛などのデメリットもありません。

薬の感受性

AGAによる男性型脱毛症は遺伝による部分が大きいです。

実際に脱毛因子の原因となる5αリアクターゼの分泌量やアンドロゲンレセプターの感受性は遺伝によって決まるからです。

ただこのアンドロゲンレセプターの感受性は薬に関しても影響を受けやすいようで

遺伝の薄毛であるならその逆でフィナステリドの効果も有効的であるようです。

フィナステリドのリスクについて

フィナステリドは内服薬なので当然ながら副作用のリスクが存在します。

リアップに比べればリスクの確率は比較的少ないですが仮に発生した場合の副作用は大きいです。

1%の確率で勃起不全などの男性機能障害が発生するそうです。

服用したい場合はリスクを理解した上で使いましょう。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)