HOME

終わりのセラフ76話ネタバレ感想 四鎌童子の規格外の強さ

どうもききです。

今回は終わりのセラフ76話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回四鎌童子に取りつかれたシノアを救済するべくフェリドが殺そうとしましたが

一足遅かったようで吸血鬼は完了しその規格外のパワーによってフェリドは瞬殺されたす。

スポンサーリンク

シノアの人格はなく四鎌童子に完全に肉体を乗っ取られた感じになります。

クローリーもなんとか応戦しますがあっさりグビを跳ねられる。

ただどれだけ圧倒的な戦力差で殺されても吸血鬼は死ねないので爽やかに復活します。

フェリドは全ての始まりの元凶である四鎌童子に何故我々吸血鬼を作ったのか問います。

吸血鬼達はみんな不死身の呪いで死ねないから真祖にはその責任があるみたいな言い回しです。

フェリドは狂人で結構楽しんでそうに見えますが本当はもうみんな死にたくてしょうがないってことらしい

一方で真祖の復活を知ったリーグやウルドは東京へと向かいます。

真祖は気配を経つことは容易にできるみたいでわざわざ存在感を晒す真似をするということは罠である可能性がありますがどの道会わないといけないということで向かいますが

道中でリーグの襲撃に合いウルド一派が乗ったヘリは墜撃されます。

ウルドはキルクはレストカーが死んだと期待しましたがやたりこの程度では死ねないようです。

ウルドはリーグの行動に疑問を感じておりリーグは死に場所を探しているのか?とまるで昔の親友のように語ります。

スポンサーリンク

ウルドはせめて自らの手で友を殺してやると決意します。

そしてリーグがウルドを襲撃したのは時間稼ぎが目的だったようで今日日本帝鬼軍を壊滅させることを宣言しました。

今回は死ねない吸血鬼達の物語でした。

みんな四鎌童子の目的に興味がありそれが生きる目的のようですね。