終わりのセラフ16巻感想ネタバレ注

どうもききです。
終わりのセラフ16巻の感想を書きたいと思います。
今回はキルクとの戦闘ですが相手は第五始祖なので全員瞬殺されるぐらいの気持ちで作戦を考えます。
優の天使化でようやく互角ぐらいですがそれでもタイムリミットがあるのでクルルかフェリドを救出すれば戦力は五分以上になるので無駄な攻撃で誘導して罠を発動って作戦になりました。

しかしクローリーいわくキルクは戦闘力だけでなく頭も非常に切れるらしいです。
フェリドの上位互換でフェリド同様狂人でありながらも頭いい+α戦闘力高いっていう規格外設定らしいです。
なので作戦はばれるらしいですがとりあ
えずその作戦を決行します。

さすがに第五位だけあってかなり強いです。クローリーが瞬殺されるぐらいの強さって言ってましたが
7と5でここまでの差があるんですね。
しかし優は結構手ごわいらしく割とダメージを食らいます。ダメージ全無視で突っ込んでくるので
人質を二人とも守り切るのは無理があるらしく
結果的にフェリドだけは救出に成功しました。
ここまですべてフェリドの想像通りらしくキルクは掌で踊らされていると思わせるために挑発します。
勝率はまだキルクのほうが上ですがフェリドが何考えてるかわからないしクルル解放されたら完全に逆転してしまうのでクルルを連れて逃げてしまいました。しかしフェリドだけは救出できたしだれも死ななかったので結果オーライってなりました。

あとは優の過去の話優は優は親に捨てられて実験施設で記憶を操作されて実験施設の前の記憶を思い出せないみたいです。実験施設はグレンが引き継ぎました。
グレンは天使を封印結界で閉じ込めているらしく優たちに合わせます。
天使は人間を罰するために黙示録のラッパを吹く異界からヨハネの四騎士を呼んできているらしいですね。

残りは番外編で終了しました。
今回結構戦闘メインで面白かったとおもいます。そしてやっとフェリドさん復活ですね。
フェリドは上位吸血鬼は眼中にないらしく神と戦ってるつもりらしいです。
この漫画吸血鬼はサブで神がメインなんですよね。ややこしいけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)