終わりのセラフ81話ネタバレ感想 斉藤vsシカマドゥ

漫画

どうもききです。

今回は終わりのセラフ81話ネタバレ感想を書こうと思います。

[metaslider id=5644]

突如姿を表した斉藤。

目的は勿論シカマドゥへのリベンジを果たすため斉藤はシカマドゥの眼中に入れて貰えなかったのがどうしても許せなかったようで

親にリベンジするチャンスに備えて力を蓄えていたようです。

今なら真祖と互角に戦えるとのこと

シカマドゥは話を最後まで聞く気はなく瞬殺で殺しますが

斉藤の鎖で首を跳ねられても元に戻ります。

どっちみち吸血鬼なので死にませんが鎖程度のただの物理物質がそれほど驚異なのでしょうか。

斉藤の体は全身が鎖であり手足のように自在に操れます。

その自在性は仕込み義手のレベルを越えており

鎖から血を吸ったり一本一本が強力な破壊力を持っていたりなど自在性と破壊力に優れています。

また肉体がシノアちゃんだから攻撃力的には十分でシカマドゥは避けざるを得ません。

首に繋がれた鎖を切断しても死ぬことは全然なく

鎖を新たに産み出してくくりつけたりできます。

しかし恐ろしいまでの芸当を見せる斉藤に対してシカマドゥは無反応。

粛々と処刑しまくりますが

斉藤があまりにもしぶといと言うか不死身すぎるのでちょっと本気で殺そうと考えます。

その反応を見てやっと眼中に入れてくれたと斉藤は喜びます。

一方でグレンは何かを裏切るつもりらしく一人闇に消えます。

感想

シカマドゥが使ってる体はシノアちゃんのものですが中身はシカマドゥです。

しかし人格的な部分はシノアちゃんの口調を模しておりもし中身がシノアちゃんで

「お仕置きしちゃう!」

と言われたら興奮してしまいます。

しかし中身がシカマドゥなのでいまいち興奮しないというかそこだけ萎えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました