HOME

精神的ストレスが薄毛に関係している理由

どうもききです。

今回は精神的ストレスが髪の毛に与える影響についてお話したいと思います。

ストレスはハゲを促進させるというのは誰もが知っていることでしょう。

しかしその理由についてよくわかっていない人も多いと思われます。

薄毛の原因はジヒドロテストステロン(悪性男性ホルモン)によるものですが

スポンサーリンク

精神的ストレスが髪の毛に与える悪影響はそれ以上と言っても過言ではありません。

精神的ストレスが発生すると頭皮にある毛細血管が収縮します。

髪の毛を作る細胞に栄養を送っているのは毛乳頭という器官ですが

毛乳頭は髪の毛を作る細胞の司令塔である毛乳頭細胞に血液という栄養を与えます。

しかし毛細血管が収縮してしまうと毛乳頭細胞に十分な栄養を与えることが出来なくなります。

毛乳頭は成長因子と呼ばれる情報伝達物質を毛母細胞に送って細胞分裂などによって細胞を増殖させて髪の毛の成長を促進させますが栄養が不足すると成長因子の量が減ったり髪の毛を合成することが出来なくなります。

ストレスが与える第2の影響としてじ自律神経のバランスが乱れます。

自律神経は交感神経と副交感神経がありますがストレスが多いと交感神経が有利になります。

交感神経が有利な時は毛細血管が収縮します。

逆に副交感神経が有利な時は頭皮の血管は拡張します。

副交感神経は有利な時は髪の毛に沢山栄養を与えることができます。

スポンサーリンク