漫画ペナルティースクール1巻感想

どうもききです。
最近ペナルティースクールという漫画を買ったので感想を書きたいと思います。
ジャンルは最近よくある絶望系の漫画。最近の絶望系の新刊は買って損したってやつが多いので心配だったのですがなんとなく気にって買ってしまいました。
評価はまあ神ではないけどそんな悪くはなかった感じです。
画力はちょっと微妙ですがつまらなくはなかったです。
ストーリーはざっくりいうとよう実をデスゲームにした感じです。
というかまんまよう実でした。主人公は外界から隔絶された最先端の教育が受けられる学園に入学します。
クラスで成績がいい人がいい待遇が受けられる。赤点をとると退学どころか処刑されます。
その学校は未来のAI社会を見据えておりAIより頭いいやつを発掘することが目的。ロボットに勝てない奴は職がなくなり食っていけなくなります。
処刑された人の人格やデータはロボットが継承しロボットが今後その人として生きていきます。
簡単にいうとすり替わりですね。その辺の設定は面白かった。
オススメできるかどうかは何とも言えないですが、その辺の新作漫画よりはそこそこ面白かったんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)