HOME

漫画ブログは儲かるのか。

どうもききです。

今回は漫画ブログが儲かるのかどうかについてお話したいと思います。

漫画の感想考察または漫画を自主制作するなどいろいろなパターンがありますが

漫画ブログはアドセンス収益が非常に低い。

だいたい10円前後ぐらい…。

スポンサーリンク

あらゆるジャンルの中で最低賃金。

また5円とかの場合もあります。

漫画ブログで稼ぐなら1ページ単位のクリック率であるページCTRが1%以上でクリック単価が10円以上。

そして1日1万PV。これが最低条件になる。

まず漫画の感想考察系について

感想は論外と思われがちですが以外と読んでる人がいます。

面白い漫画なのにコミュニティが少なすぎると共感を求めたくなる。

ワンピースや進撃の巨人とかなら絶対読まれない。

主に掲示板やyoutubeみたいに呟ける場を求めているということでしょう。

次に考察系ですが結構これは滞在時間的にヒットしますね。

関連記事と混ぜれば相乗効果を生めるでしょう。

次にアクセスですがこれは言わずもがな他のジャンルに比べて普通にアクセスされやすい。

ただし旬が早すぎて新陳代謝の繰り返しみたいになってて虚しくなります。

その漫画が最終回を迎えれば確実に死亡ですね。

今流行ってるトレンドを追いかけないと一生1万pvは稼げない。

またライバルがアホみたいに強いんですよね。

seoが相当強化されてて太刀打ちできない。

もう別のジャンル行けよみたいな。

ワンパンマンで例えたらS級ヒーロー並みに強いやつがB級に滞在してるぐらい迷惑な話。

またライバルも多いので上位以下はそこまでガチでやってないけどGoogleのアルゴリズムが厄介で中々上位表示できない。

また検索順位トップがデスロックしてしまうと下位に流れるアクセスは10分の1ほどですね。

次にトレンドに関してですが例えばワンピースは最も知名度は高いですが検索トップに行けたからといって桁違いのアクセスが稼げるわけではありません。

知名度どトレンドは全く別の価値観になります。

では現在放送されてるアニメや新連載の漫画はどうなのか。

いずれもNO。トレンドとは言えない。

突然なんで今流行ってるのかわけわからない記事がバズったりします。

トレンドを先読みする眼力は簡単には身に付きません。

問題はアドセンスのクリック単価が低いことではなく

こういった部分にある気がしますね。

スポンサーリンク