漫画ギガント一巻感想ネタバレ注意

どうもききです。
漫画ギガントの感想を書きたいと思います。
ガンツの奥先生の新作になりますが今回もぶっ飛んだSF漫画になってます。
表紙みたら普通の恋愛漫画みたいに描かれてますが全然違う漫画で逆に安心しました。
タイトルに書かれている通りこの漫画は表紙の女の子がドラえもん秘密道具みたいなのつけられて巨大化する漫画です。
最初は普通の男子高校生零が憧れのAV女優パピコ(表紙の女の子)と知り合って恋愛が発展していくというストーリーで流れていきますが突然SFの正解にシフトします。
まず未来から来た変質者のおっさんにパピコは巨大化する機械を腕に埋め込まれます。
その道具を使うと自分の大きさを調整できるのですがその機械が取れないのでパピコはその謎のおっさんについて調べます。
おっさんは出会った瞬間死亡してしまいましたが死に際にDVDを残していきました
おっさんが残していったDVDを手掛かりにこの現象を調べられるわけですが
再生時間が168時間なのでとてもじゃないけどすぐに調べられないってなって零に解析を依頼します。
どうやらおっさんは未来から来たらしくターミネーター的な存在で未来のAIがシンギュラリティに到達したとかでそれを止めに来たって設定になります。
今回はそのAIがメインになってきますがAIは超常的な力を持っていると考察します。
最後らへんに世紀末サイトというものがでてきます。
世紀末サイトとは世紀末の投票サイトみたいな感じでユーザーが実現してほしい世紀末現象(地震とかエイリアン侵略とか)をクリックで投票します。クリックでカウンタが0になるとその世紀末が現実のものとなります。
これによって世界は終焉を迎えていくみたいな話になりますね。
まだまだ謎は深いですがとりあえずはこんな感じですね。
この何気ない日常から一気にSFに飛んでいくって感じがいいですね。
あの巨大化能力でAIと戦うことになるんでしょうか。この感じでいくとマジでエイリアンとか出てきそうで楽しみではあります。
いぬやしきのバトルしてたから今回もおそらくはそんな感じになるんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)