消防団の活動が嫌すぎる件について

最近田舎の消防団に入団させられましたが活動がウザすぎるのでそれについてを書こうとおもいます。
まず消防団の活動が結構多いです。操法大会とか夏祭りとか秋祭りとか…etc
操法大会前は毎日練習で仕事終わりとかはしんどい。
また新人に対して結構厳しいです。嫌々入団したのにすぐやる気なんか出るわけない。金もくれない。打ち上げ代とか支給品とかコーヒーとかあるのでタダって表現はおかしいですが現金はもらえません。
ただもらってうれしいのはコーヒーぐらい。
支給品(弁当)はパシリ。打ち上げは頭下げてビールついだり人生勉強的な感じです。あと二次会とかは勝手に盛り上がってるだけで面白くない。というか帰りたい。
まあタダだからそこはいいんだけど次の日仕事なのに拘束されてるのが一番きつい。
村の行事とかはまあ良しとしましょう。自分だけ何もしないというわけにもいきません。
活動時間は午前中で終わるものが大半。
ただその後が長い。団内での話し合いとかパシリとか付き合いとかそこがウザすぎます。
人は簡単には変われません。インドア派をアウトドア派に強制するとかどんな拷問やねんって話です。
面白くないものは面白くないしやる気ないものはやる気ない。
仕事でさえやる気ないのに金貰えないどころか害しかない活動にやる気出るわけないでしょ。
あと付き合いとか必要性がわからないですよね。
仕事だったら信頼はあって損じゃないけどそれ以外なら意味はない。
こいつらに酒を注いでいざというときに助けてもらえってことなんでしょう。
お前らに助けてもらわんでも生きていけるように必死に考えてるんだから邪魔しないでほしいね。
早くなくなってくれることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)