HOME

彼女、お借りします86話ネタバレ感想 両想い

どうもききです。

今回は彼女、お借りします86話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回水原は和也の誕生会に行く約束をしていましたが祖母の容態が予想以上に悪かったため来れなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

水原は祖母の側にいてあげたいから誕生会はいけないとおばあちゃんに電話をかけました。

スポンサーリンク

おばあちゃんは水原の声が聞けただけで満足になり気にしなくていいと言いました。

るかは水原の電話一本で努力が泡になりとても不機嫌になります。

和也は水原に電話をかけてくれて助かったとお礼をいいます。

るかちゃんが来ていてヤバい状況ですが無理に来てもらうと言うのはさすがに迷惑なので自分で何とかすると和也は言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

るかがいると聞いた水原は焦りますがその瞬間るかが和也から電話を奪って罵声を浴びせます。

るかは和也は自分が貰っていくから自分の用事に集中してくださいと言って電話をぶち切ります。

るかは二人がこそこそやってるのが堪に触ったようで正々堂々潰すつもりでしたが二人がそのつもりならもう容赦するつもりはないとのこと。

一方水原は祖母に病室に戻って話をします。

実は今日は和也と会う約束でピンチで行かないとまずいから側を離れることを許してほしいと話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

祖母は水くさすぎてさっさと行ってこいと逆ギレ。

水原はタクシーを捕まえて急いで和也の元へ向かうのでした。

スポンサーリンク

そこから回想シーンで水原はマミちゃんにディスられた時に和也がマミちゃんなんかより君がいいと言ってくれたセリフを思い出します。

水原的にはあのセリフが割りと心臓に刺さってたようで

 

 

 

 

 

 

 

 

「私も」と両想いのセリフを口にしました。

これは結構鳥肌が立つシーンでしたね。