寄宿学校のジュリエット83話ネタバレ感想冷音の過去

どうもききです。

今回は寄宿学校のジュリエット83話のネタバレ感想を書こうと思います。

冷音の正体は東和とウェストのハーフでその歪みが原因でウェストを嫌うようになります。

冷音はもともと赤髪らしくハーフと知られるとややこしくなるので現在は黒髪に染めている模様。

冷音はハーフであるが故に世界の歪みを何も知りませんでした。

スポンサーリンク

ウェスト人の母親的にも話せない事情がありウェストと東和関係、その存在すら聞かせなかったようです。

甲斐と久里は従姉で父が弟の子を養子として連れてきました。

ある日祖母が母をウェストに連れ戻しに来ました。

母は高位の貴族らしくより高い権力を得るために政略結婚で利用するために連れ去られます。

祖母は東和を嫌っており怒りのあまり脳の血管が切れるぐらい毛嫌いしているようです。

そして冷音は二度と母と会うことは出来なくなりました。

冷音は二度と同じ悲劇が生まれないように間違ってもハーフが生まれないようにウェストを潰すことを誓うという話でした。

この話を聞いた犬塚悲しくなり余計に負けられなくなりました。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)