寄宿学園のジュリエット10巻感想新キャラ冷音

どうもききです。
寄宿学園都のジュリエット10が巻の感想を書きたいと思います。

今回は新キャラの冷音が登場します。
僕っ娘でカリスマ性のある変わったキャラクター設定になってます。

病気で休学していましたが突然学園に戻ってきてプリフェクト代表のファグになります。

ホワイトキャットを潰すことを絶対ルールとしており執念の強さを見込まれ藍留に見込まれファグとなります。

ホワイトキャットを潰すことはブラックドギーの指命でもありますが国同士の対立問題なので藍留でさえ特に恨みがあるわけでもなく指命でやってる感じです。

ホワイトキャットとブラックドギーの因縁は未だ不明で冷音にとって何かしらの恨みがありそうな感じです。

犬塚に好意を抱いている女性の一人で犬塚と過去に絡みがあったようです。

過去の彼女は丸眼鏡をかけており病弱で見知りな文学系女子という設定でした。
現在は眼鏡を外していて派閥のリーダーになっています。

犬塚とは特に親密な関係はなく何故かちょくちょく彼女から絡んでくるぐらいの関係でした。

病気で休学状態でしたが突然キャラが覚醒して戻ってきたので犬塚がびっくりします。

犬塚にとっては特に親しい関係でもないのですが彼女にとっては特別な存在で犬塚に執着します。

恋愛的な意味ではなく純粋に犬塚を尊敬していて自分の仲間にしたいようです。(恋愛的な意味もあるかもしれませんが)

いろいろ謎の多いキャラなのでどのような過去が明かされるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)