千恋万花をプレイした感想

どうもこんにちはききです。
ゲーム千恋万花をプレイしたのでレビューしたいと思います。
千恋万花はゆずソフトの新作でまあエロゲーです。…
イラストはこぶいちむりりんさんが担当しており自分の好きなイラストレーターなので
つい買ってしまいました。
エロゲー事態あんまりやったことがないんですがストーリーが普通に面白いですね。

ストーリーはざっくり言うと親戚の村に祭られている誰も抜けない聖剣(妖刀)を主人公が抜いてしまい
その村の族長の娘と許嫁にされてしまう話(陰陽師的な意味で)

妖刀を抜いたことにより刀の付喪神(ヒロイン)に取りつかれ呪詛を身に宿すことになります。
呪詛を身に宿す人間はあやかしに狙われる存在となり
村の外に出ると災いが起きるので村の外に出るのは禁止そして妖刀を使って妖退治に協力みたいな感じで
その日から主人公の人生が大きく変わることになります。

実際には許嫁のヒロインは獣耳の呪いがかかっていて呪い関係で友人が作れないので
主人公を許嫁したって感じです。

ストーリー的には普通のラブコメより面白いです。
不満があるとすれば選択肢がちょっと少なめですね。
選択肢でドン引きさせてから落とすのがエロゲーの醍醐味だと思いましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)