包茎手術は絶対にしないほうがいい理由

どうもききです。
前回の記事で包茎手術の体験談を書きましたが今回は後日談というか人生終了したので聞いてほしいと思います。そして包茎手術は真正であってもしない方がいいと思います。してもいいけど泌尿器科で失敗覚悟で安値で手術するのが一番でしょう。
衛生面のリスクもありますが手術で人生終了するリスクのほうが高いからw
自分の場合は尿障害は残りました。後遺症は何かしら確実に残ると言っていいでしょう。
20歳すぎたら包皮と亀頭が癒着してより後遺症が残りやすいかもしれません。
ただ高校生で親に相談していくのが一番だと考えます。
さて前回かかった費用を見せましたが実際には300万近くの金を失いかけました。
なぜかというと包茎手術を高額で受けた場合クレジットカード会社とローンを組まされます。
そうすると元金と同額の利息を支払うことになり結果的に倍支払うことになります。
この辺はすぐに一括に変えてもらい対処すれば助かる場合もありますが振り込め詐欺にかかってたら完全終了ですね。
そして親にばれる件ですが100%ばれますね。なぜなら病院は配慮して送らないけどクレジット会社は送るからね。自分は家を追い出されました。
わかりますか?包茎手術が人生に与えるダメージは計り知れません。
まず仮性包茎の人は絶対しない方がいいです。そして真正包茎の人は女抱けなくてもいいなら無理に手術しなくてもいいと思います。やるとしたらクリニック。その代わり痛いかもしれないし失敗率は専門クリニックよりも高いかもしれませんがそれでも専門はやめとけって思います。
衛生面のリスクとか陰茎癌のリスクとか言ってるだけであるかないかわからないしね。
以上でこの話を終わりにしようと思います。ご清聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)