包茎手術 専門クリニックと泌尿器科の違いについて

どうもききです。

今回は包茎手術で専門クリニックと泌尿器科の違いについてお話したいと思います。

泌尿器科は行ったことがないので主観での比較になります。

泌尿器科のメリットとデメリット

泌尿器科を選ぶメリットですがまず保険適用ができる。(仮性包茎の場合はできない)

費用を安く済ませられることが最大のメリットになります。

だいたい3万ぐらいになります。

ただし仮性包茎を治したい場合は保険適用できないとのことなので専門クリニックを選んだほうがいいかもしれません。

こちらはだいたい10万ぐらいはするんじゃないでしょうか。

後はメリットかどうかは分かりませんが運が良ければ数万できれいに仕上げてくれます。
つまりオプション代払ってなくてもオプションしてくれるってことですね。
(この辺は腕がいいかどうか良心的な医者かどうかにもよるので何とも言えません)

次にデメリットですが

機能面重視なので汚い仕上がりになる可能性が高いです。
もちろん裏筋も切るでしょうし見た目もぐちゃぐちゃかもしれません。

まあ最悪失敗されるかもしれませんね。

次にペニスの麻酔注射が激痛です。
専門クリニックの場合は痛くないようにある程度配慮はするでしょうが

専門ではないのでそこまでのサービスはないかと思われます。

後はオプションがないぐらいですかね。

仕上がりがいいかどうかは完璧運になります。

専門クリニックのメリットとデメリット

次に専門クリニックのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

メリットは仕上がりが綺麗、麻酔注射に気を使ってくれる、オプションを追加できるに
なります。

ペニスの形を整えたり亀頭を増大させたり裏筋を残したりなど様々なオプションがあります。

また手術の痛みですが麻酔注射から手術後まで思ったほど痛くなかったです。
金払ってるのでその辺しっかりやってくれます。

次にデメリットですが莫大な費用になるリスクがあります。

といっても別に手術した後に勝手に何の説明もなく100万になったりしません。

悪魔で自分の責任です。

向こうは詐欺師みたいなもんなので上手いことこと口車に乗せて承諾させます。

例えばこのオプションをつけなければチンコが腐るとか根拠のない嘘をついて騙したりとかですね。

この辺は知識がちゃんとあれば引っかかることはありません。

変な間違いがなければ20万以内に収まるはずです。
包茎を治すだけなら6万で可能ですがたった6万で快く引き受けてくれるかどうかはわかりません。

最後にせっかくなので出血大サービスでいいことを教えてあげます。

ヒアルロン酸という亀頭増大のオプションがあるのですがこれが一番えげつない。

一本打つのに20万します。

ヒアルロン酸とは整形とかでよく使われたりします。

水分で皮膚を膨らませたりすることが可能ですがやがて水分は消えていくので永続効果がないのです。

つまり払った金は無駄になります。

また増大だけでなく万能の効果をでっちあげて売ったりしてます。

こういう詐欺はどこの分野でも定番なので気を付けたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)