京都でパトカーとバイクが衝突。男性が会社員が負傷

京都でタクシーとバイクが衝突する事故が起きました

事件の概要 パトカーとバイクが衝突、京都 男性会社員が重傷

パトカーとバイクが衝突、京都 男性会社員が重傷

9日午後9時25分ごろ、京都市中京区西ノ京桑原町の御池通で、車線変更したパトカーと同市中京区の男性会社員(25)が運転するバイクが衝突した。男性会社員は救急搬送され、左腕を骨折する重傷を負った。

現場は片側2車線の直線道路で、パトカーは男性巡査長25歳が運転。パトロール中に不審者を見つけ、Uターンするためにサイレンを鳴らして車線変更したところ、後方を走行していたバイクが急ブレーキをかけて転倒し、パトカーにぶつかった。

 

ネットの反応

パトカーの運転手に確認不足があったのかもしれないが、バイクの運転手は制限速度を守っていたのか、車間距離はちゃんと確保していたのか、そちらもシッカリ検証すべき。
急ブレーキをかけたのにも関わらず止まれてないのははやりスピード超過なんじゃないの?
事故は何でも大きい方(物)が負けるとなってるが・・・今じゃバイクだって制限速…もっと見る

車線変更と有るから、二車線の中央側を走行していてuターンの為左に車線変更した。スピードも急な減速、完全に後方確認不足。通常で
はあり得ない運転をするパトカーだからこそ確認不足は有ってはならない過失と思える。

パトカーとその周辺を走行していた車のドライブレコーダーの映像を検証すれば、パトカー運転手の後方確認不足かバイクのスピードが速かったor不注意か、すぐにわかるだろうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました