亜人67話ネタバレ感想 佐藤生き埋め作戦は成功か?

どうもききです。

今回は亜人67話ネタバレ感想を書こうと思います。

前回は高橋コンビを対亜が封殺して無事腕を奪取しました。

肝心の佐藤を埋める穴ですが中野は電柱を破壊さえすればどこでも穴を作れることを閃きました。

 

 

 

 

永井は最初正気を疑いましたが電柱の意味を理解し中野の案を採用。

 

 

 

 

時間は刻一刻を争う状況なので秋山はリミッター解除した自身のIBMに腕と電柱を破壊するための爆薬を取りに行かせます。

対亜は殺意のないIBMは見えず足音でIBMの存在を察知します。

対亜見方のIBMであるとアッサリ信じてくれて綺麗に仕事が進んでいきます。

 

 

 

 

永井はネットで佐藤の状況を確認しておりまだ離陸していないとのこと

最悪再生し始めたら地面に腕を突き刺してくれと指示を出します。

しかし空間削りの再生は逆パターンは試したことがないとかで失敗する可能性があるとのこと

 

秋山IBMは中野に腕と爆薬を無事届け終わり電柱を破壊しました。

 

 

 

 

 

 

そしてタイムリミットギリギリで佐藤の腕を穴に埋めることに成功しました。

永井は達成感に浸りますが中野はアッサリ終わりすぎてなんかしっくり来ないようでまだミッションは完遂しましたがまだ終わってないみたいな…

 

 

 

 

 

 

 

佐藤はもう一本腕を切り落としたとか事前に察知したのは考えにくいです。

佐藤が次に離陸するターゲットに何か関係がありそうな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)