漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁76話ネタバレ感想 偉業達成!

どうもききです。

今回は五等分の花嫁76話のネタバレ感想を書こうと思います。

今回の話は全国模試編の決着となります。

風太郎は毎日徹夜ぐらい勉強しておりほぼゾンビ状態で当日を迎えることになります。

登校時武田が絡んできますが眼中になく6人で試験を乗り切ることしか頭にないようです。

しかし武田は本気で風太郎を真のライバルと認めているようでした。

武田は最初の試験の後理事長である父に呼び出され理事長は最初の試験の模範解答を極秘に入手し既に武田の最初の試験の採点を完了したと言います。

武田は3問間違えただけですが結果が悪すぎるとシビアなことを言われます。

武田は将来医者になる人生を父に強制されておりそのためには中野父と関係を持っておく必要があるとのこと。

理事長は息子に模範解答を渡してカンニング以上の不正を強制しようとしましたが武田は実力で風太郎に勝ちたいと言い模範解答を破り捨てました。

試験の結果は武田が8位で風太郎は3位でした。全国なので武田も十分すごい。

ちなみに一花は14万位ぐらいw

中野父にとっては残念な結果ですがその覚悟は認めており認めざるを得ないようです。

中野父は風太郎のせいで予定が狂ったみたいなことを言っていました。

家庭教師で娘達の学力を上げる以外に別の思惑がありそうです。

関連記事