HOME

五等分の花嫁70話ネタバレ感想 新たな強敵武田!

どうもききです。

今回は五等分の花嫁70話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回風太郎と五つ子は全員同じクラスになりましたが70話の最初に中野父が登場します。

やっぱり中野父が金の力で強引に運命をねじ曲げたんだね!

スポンサーリンク

五つ子が全員同じクラスになったためクラスのみんなに注目されることになります。

風太郎は友達がいないので五つ子と絡むと嫌でも目立ってしまうためあえて無視する方向を貫きますが

四葉の策略によって学級委員にされてしまう。

そして武田という風太郎の謎のライバルが登場します。

武田と上杉といえば戦国武将ですね。

やはり上杉という苗字はあえて戦国を意識してのものだったんですね。

戦国時代の情報を漁れば何か三玖に関する伏線が見つかるかもしれませんね。

風太郎がトイレから出ると三玖が待っていて突然魔法のランプの話をされます。

五つ願いを言えと言われて風太郎はお金持ちになりたいといいます。


 

他の四つは適当な願いを言います。

三玖が魔法のランプの話で遠回しに風太郎の願いを聞いたのは風太郎の誕生日に五つの願いを叶えてあげようと言うものでした。

そう考えると他の四つの願い虚しいですね‥‥。

そして風太郎は学級委員にされたことで勉強の時間を奪われるので四葉はありがた迷惑なことをしてくれたことになりますが

四葉は風太郎に友達を作ってほしかったみたいで強引に五つ子と面識があることをクラスの全員に意識させました。

スポンサーリンク

そして風太郎は五つ子の仲介役としてクラスに馴染んでいきます。

ここまで全て計算どおりなら四葉頭いい!

そして五月はなんでみんな風太郎が好きなのか未だに理解できない模様。

なんか地味に悲しい。