漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁7巻 ネタバレ感想

どうもききです。

今回は五等分の花嫁7巻の感想を書こうと思います。

今回は中野父が現れ赤点回避のラストチャンスを宣告しました。

6巻で父親に反抗し独り暮らしみたいな生活を始めましたが保険や携帯料金は結局父が払っており一花の稼ぎのおかげでギリギリ生活できてますが限界は近いとのこと。

スポンサーリンク

そんな中父親から最終宣告を下され次の試験で赤点回避出来なかったら実家に強制送還されます。

結果的には赤点は全員回避しましたが今回は試験前日から赤点回避までのエピソードを一花編から五月編までそれぞれ語られています

四葉について

四葉は五つ子の中で唯一思考回路が逸脱しており五つ子の中で最も頭が悪いようです。

逆に今回のミッションは四葉さえ合格できれば大丈夫ぐらいの扱いでした。

四葉の深刻な悩みを知った風太郎は特別にマンツーマン授業をし全科目ギリギリ30点を越え赤点回避しました。
ギリギリ30点越えただけで泣きながら喜んでいましたが彼女にとって赤点回避はそれぐらい重要だったのです。

三玖の恋愛

三玖は五つ子で最も風太郎に恋心を抱いています。

風太郎に告白するために勉強を頑張ったりバレンタインデーにむけてチョコレートを作ったりしていました。

最早赤点など眼中にないほど学力は成長しており試験前日にチョコレート作りに専念していました。

その殺意にも似た恋心はニ乃がビビって服従してしまうほどでした。

ちなみにキャラ人気投票ではぶっちぎりで1位でした

一花のハイスペック

一花は女優業と勉強を両立しており睡眠時間を削って勉強の時間を作ったりかなり無理をしていました。

風太郎に注意されますが聞く耳持たずで前の家と違い五つ子の生活費も稼がないといけないので激務です。

ついでに一花は三玖と同じく恋心を抱いています。

恋のライバルみたいな感じでしたが実際には風太郎を諦めて三玖の恋を応援してあげるというとてもいい子です。

そんな中敵(三玖)に塩を送られちょっと本気で風太郎の一番を目指してます。

結果的に一花は試験で五つ子で一番高い総合点を取りました。
やはり一花が五つ子の中で一番スペックが高いようです。

スポンサーリンク

関連記事