漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁69話考察 一花が花嫁の可能性が浮上

どうもききです。

今回は五等分の花嫁69話のと考察をしていきたいと思います。

まず考察する前に今回の内容を軽くおさらいしたいと思います。

今回開口一番で一花が家賃を五人で五等分すると言い出し自分は一切立て替えないというえげつない一言を放ちました。

元々一花一人に負担をかけられないためみんな働くつもりでしたが一花の何気ない一言に軽く焦りだします。

元々一花は心優しい気配りができるお姉さんキャラでしたが時折傲慢な瞳を見せる。

姉妹曰くそっちが元の人格らしいですが四葉が温泉旅館で変なことを口走ったせいで人格が変わってしまいました。

なんか二重人格者っぽいですね‥‥。

チラシを見てバイトを探す姉妹。

四葉はスーパーマーケットで働こうか悩みレジで失敗したら警察に捕まるというとんでも妄想をしだしバイト難しそうとスーパーマーケットのバイトを諦める。

どれにしようか悩んでいると四葉がケーキ屋のバイト募集のチラシを発見!

それにニ乃と三玖が食い付き取り合いになります。

ニ乃は三玖に何故わざわざフータローと同じ所なのか問い詰めますが

ニ乃は自分の得意分野であることを主張し風太郎がいるのは不本意とかいいながら攻める気満々。

四葉は掃除のバイトを発見しこれなら簡単そうだと三玖を誘うがあっさり断られる。

五月はどうせやるなら自分の血肉になるバイトがしたいといいなかなか決まりません。(結局家庭教師がやりたいってことなのか?)

ニ乃は当日バイト先に面接に行くと三玖も来ていてびっくりする。

店長はどっちか一人しか雇えないといいニ乃と三玖は料理対決。

しかしニ乃が圧勝し三玖は諦めて別のパン屋にします。

別に風太郎がいなくてもいいとのこと

そして新学期が始まり風太郎達は3年になりました。

気になるクラス分けで風太郎は前回五月と同じクラスで今回誰と同じクラスか気になりますが五つ子全員と同じクラスという奇跡が起こりました。

というのが今回の内容でした。

一花が花嫁?

69話で風太郎が一花と会話するシーンがありますが風太郎は一花の唇を見て先日キスをされたことを思い出します。

さすがにそれが一花だとは言いませんがその唇がとても重大な伏線に繋がってるわけですよね。

実は風太郎は一花の唇だけ見分けることができるのです。

いつぞやの福笑いの五つ子ゲーム(51話あたり)で風太郎はこの唇は一花のだ!

と言っていました。

つまりこれはそういうことなのではと思います。

だからこそここで一花の唇を出したと

ただ唇だけでは確信には至れないのでなんとも言えませんが鈍感な風太郎なので思考がシャットアウトしてキスの相手が一花だと予想すらしなかったと思うので一花が花嫁の可能性はあるのではと思います。

また五等分の花嫁ってタイトル一花だけ花って漢字がついてるのってあえてタイトルに答えが書きたかった。

っていう作者の心理にも思える。

まさか本当に一花なのか?

個人的には五月で間違いないと思ってたんですがまさかそんなトラップが用意されていたとは思いませんでしたw

今回で一花の人格が別人となってしまいましたが本当にこれでいいのでしょうか。

これだとなんか怖いしただの嫌な奴にしか見えない。

新着記事