五等分の花嫁60話ネタバレ感想ニ乃の告白

どうもききです。

今回は五等分の花嫁60話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回ニ乃は魔が差して風太郎に告白してしまいました。

気になるのは風太郎の反応ですがまさかの無反応。

人目もあるので告白の件は一旦おいときます。

スポンサーリンク

五つ子は赤点回避のお祝いで食事を楽しみます。

四葉に関しては赤点回避表彰並みにすごいことらしく額縁に飾るレベルらしいです。

今回のテストで一番成績が良かったのは一花ですが本人はどこか気まずい様子。

その理由は勿論三玖の存在価値を奪ってしまったことにあるのでしょう。

三玖はあの時はそんなに気にしてない様子だったし

風太郎を取り合うライバルとして共に恋の譲受を応援しているような関係なのでまあ大丈夫でしょうって思ってたら

やっぱりかなり怒っていたようで未だに根に持っています。(友情が終わってしまった‥‥。)

一花はかなり遠慮していましたが友情を壊してまで手に入れた一番(告白の権利)

なのでやはり今告白すべきなのではと思っているとニ乃を発見します。

ニ乃は告白の話をするために外野がいなくなるまで待ってました。

風太郎のその件の話をしますが風で聞こえなかったようでもう一度言うのが恥ずかしくなり諦めて去って行きましたが

腹を決めてもう一度戻ってきてはっきりと告白しました。

さすがに鈍感な風太郎も誤魔化しが効かないほどに完璧な告白だったので

風太郎は頭が真っ白になりフリーズ(アイラみたいなアンドロイドが恋を解析不可能という意味でのフリーズだと思う)

そしてその場に偶然居合わせた一花は告白を聞いてしまうことになります。

今までは一花のパートナーは三玖でしたが恐らくもう口を聞くことはないでしょう。

そしてニ乃が新たなパートナーとして一花と行動をすることになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)