五等分の花嫁1巻ネタバレ感想

どうもききです。
今回は五等分の花嫁1巻の感想を書きたいと思います。

大まかなストーリーは勉強できない五つ子に主人公の風太郎が家庭教師をして卒業まで導くというもの

全員が卒業できた場合成功報酬で莫大な金を貰えるので家に借金があり貧乏だった風太郎はこの仕事を引き受けます。

風太郎はトップクラス学力を持ち普通の家庭教師より遥かに優秀なのでそれを見込んで五つ子の父は依頼をしました。

五つ子との最初の出会いは五月と学食で出会う所から始まります。

スポンサーリンク

学校が一緒だったことでたまたま五つ子と出会いましたが何も知らない風太郎は例の五つ子とは知らず好感度を無意味に下げてしまいます。

五月は五つ子の一人でしたがそれを知らない風太郎は自ら拒絶してしまい好感度が下がってしまいました。

同じく五つ子四葉。
彼女とは初対面ですが向こうからよってきて何故か絡んできます。

風太郎は五月の攻略に忙しいのに突然絡んでくる四葉を鬱陶しく思いますが彼女も五つ子の一人であることを後から知ります。

他の姉妹と違い協力的で最初から勝手に攻略完了している謎のヒロイン。

ただし姉妹で一番頭が悪く非協力的な他のヒロインより赤点回避させるのが難しい

同じく五つ子の一花。
一花は五つ子の長女で同い年に対してもお姉さんキャラを通しています。
風太郎はエロチックな誘惑をされるので勉強を教えるどころではなくなります。

一花は女優をしており五つ子で一番告白されたりなど他の五つ子よりかなりのVIPライフをおくっている。

ちなみに五つ子は一卵性でみんな同じ顔で体格や胸の大きさなど全てにおいて同じなのに彼女だけ告白されたりするので

その扱いの差に他の五つ子は不満を持っている。

同じく五つ子のニ乃

ニ乃は五つ子の中で一番警戒心が強く
現在は風太郎に告白するぐらい変わりましたが

最初らへんは攻略不可能なほど嫌われていて付け入る隙がありません。

しかし風太郎がしつこく何度も説得に来ることで少しずつ好感度が上がっていきました。

同じく五つ子の三玖

三玖もニ乃と同じく風太郎を嫌っておりまともに授業を受けてくれません。

三玖は戦国武将のオタクで風太郎以上に歴史を熟知しており風太郎が戦国武将トークの友達になってくれることを期待していましたが

風太郎は戦国武将をあまり知らなかったことで好感度が下落。

その後屈辱を晴らすため三玖と互角の知識を披露したことで風太郎を好きになってしまいました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)