漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁考察 四葉が黒幕

どうもききです。

今回は五等分の花嫁の考察をしたいと思います。

今回は四葉が全ての黒幕ではないかという話です。

四葉は心理描写が少なく物語初期から風太郎に好意を寄せている姿は異常であり計算されたキャラなのかただのバカなのかは永遠の謎です。

なので四葉が黒幕という前提で話を進めたいと思います。

これまでの出来事は全て四葉が描いた絵図であり四葉は自分が書いた台本通りに動いている気がします。

目的は謎ですがハーレム計画的な何かがありそうな気がします。

四葉の監視

5巻の終盤で五月とニ乃はケンカしてお互い家出しますが五月は財布を家に置いてきており風太郎の家に居候することになります。

夜中に風太郎は五月に夜の散歩に誘われて出掛けますがその時に風太郎は誰かいた気配を感じました。

次の日の登校の時に五月は昨日偶然会った四葉に荷物を持ってきて貰ったと言っているので昨日の夜に風太郎達を盗み見していたのは四葉で陸上の夜練中に偶々見てしまったと思われる。

しかしその件について触れられることは無かった。

四葉という存在について

五つ子ちゃんシリーズで五つ子ちゃんはゲームを五等分できないというものがありました。

ゲームは4人プレイで一人だけ中間外れになります。

この時一花だけがコントローラーを持っていませんが後に一花は四葉によって覚醒させられ自ら一人孤立状態になっています。

四葉は最終的に一花を恋愛ゲームで脱落させるために心理操作を持っていく可能性があります。

また四葉は他の姉妹と比べて一人だけ逸脱している場面が多々ありますが4という数字にはそういった含みもあるわけで

本当は四つ子で一人だけ整形した可能性もある。

父が医者であることを考えればそれも十分考えられる。

関連記事