ワンピース最新話907話考察

どうもききです。
ワンピース最新話907話の考察を書きたいと思います。
今回衝撃の事実がさらっと明かされました。
実は五老星は天竜人でその最高位らしいです。
五老星は天竜人より下だと勘違いしていた人も多いと思いますが事実上のトップということになります。
しかしそれだと赤犬のセリフが引っ掛かりますね赤犬は以前ドフラミンゴの一件であんたらのもっと上
という言葉を口にしていました。
このセリフで五老星<天竜人だと勘違いするのは当たり前です。
また虚の玉座というものがありこの世界にたった一人の王は存在せず五老星がワンピースの最高権位らしいです。
しかし赤犬のセリフからして五老星より上の隠された王が存在することなります。
しかももっとって表現ですからね。どんだけ上いるんだよって話です。
また五老星とシャンクスは知り合いらしく親しい関係のようです。
シャンクスが政府側の人間なのは意外でした。
ただシャンクスは過去ロジャーの見習いだったのは事実ですしそんな裏の過去があるようには思えないんですよね。
最後にある海賊について話がで終わります。
考えられる人物は黒ひげかルフィかカイドウかそれ以外誰がおるん?って感じですね。
勝手な妄想ですがシャンクスは天竜人?に近い何かでトップの命令で海賊になった。
目的は麦わら帽子の存在を宣伝するため。
無理やり考察するとこんな感じですかね。
ますますわかりませんね。
シャンクス操ってるってことは天竜人は自分から世界ひっくり返してくださいって言ってるようなものです。
知られちゃいけない宝を破棄せず保管してるのも気になります。
彼らの真の目的は地位の安全確保ではなく他に欲しい物があるのかもしれません。
ドフラと一緒で不老不死で一生世界支配したいみたいな感じなのかもかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)