リドルジョーカー七海√クリア後感想ネタバレあり

どうもききです。
リドルジョーカー七海√をクリアしたので感想を書きたいと思います。
七海は本編の8割ぐらい一緒にいるのでマンネリ感がありましたが途中でこのゲームの
ベストヒロインに昇格しました。妹系ヒロインは永遠に不滅ですね。

七海は元から暁が好きでしたが恋人になると妹じゃなくなってしまうので
妹という立場で満足していましたが暁が他の女といちゃつき出してから危機感を感じ
手遅れになる前に告白してヒロインに昇格します。キャラも崩壊しまくりで七海からいろいろ要求してきます。
他のルートと違ってヒロインが主人公を攻略してる感じになります。
また七海の過去の話を聞いたら後にさらに七海の好感度が増しました。

七海はアストラル能力者なので幼少期に親に虐待ほどではないですがひどい扱いを受けていたようです。

そんなとき親の仕事を手伝おうとなんとなく親の仕事であるプログラマーの資料みて勉強していたら数か月で自営プログラマーで稼げるぐらいのスキルを身につけついでにクラック能力も身に着けたようです。(もう超能力よりもそっちの方がすごい)

プログラマースキルと超能力を併せ持つキャラは他の作品にも登場しますが(とあるレールガンの初春とか)もう超能力がおまけぐらいの感覚ですからね。

親はその圧倒的な才能に目をつけ七海を使えばワンチャン働かなくても生活できる夢がかなうんじゃないかと七海に存在価値を見出します。

そんな夢半ばでトッパンにつかまって在原家に連れていかれ再教育されることになります。

昔の七海は自分を奴隷か何かだと思っていてゾンビみたいなキャラでした。
それが再教育されて今のキャラになったようです。
過去と今のキャラが大分違うのでその辺のスパイスが七海というキャラクター
を際立てているように感じました。
もう他のルートの七海を見るのが辛いぐらい好きになりました。
他ヒロインと恋人になった報告をしたときの七海の表情が明らかに悲しそうです。
攻略するなら一番最後にした方がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)