リアップの効果と発毛剤の副作用について

どうもききです。

今回はリアップの効果と飲み薬の危険性についてお話したいと思います。

ミノキシジルという成分が入っておりミノキシジルには発毛効果があると科学的に解明されています。

ミノキシジルは本来高血圧の薬でしたが後に発毛効果があるとされ発毛剤に利用されるようになりました。

ミノキシジルには血管拡張作用があり血管が広がることによって頭皮へと送られる血液の量が増えて髪の毛が生えるという原理のようです。

スポンサーリンク

リアップには塗り薬と飲み薬があり

塗り薬より飲み薬の方が何倍も効果があるようです。

しかし発毛剤には副作用というものがあって飲み薬には大きなリスクがあります。

それは肝臓への負担です。

血液を沢山流すから肝臓には大きな負担がかかりいずれ機能は低下していきます。

肝臓の機能が低下すると髪の元であるたんぱく質が作られなくなります。

また男性機能が失われるリスクもあるようです。

ここまで来ると髪の毛のために命を犠牲にするのかという話になってきますね。

そのリスクに見合う効果があればいいですが飲むのをやめたらまた薄毛に戻ってしまう可能性がありますし

全員に効果があるわけでもないみたいです。

では塗り薬はどうでしょう。

塗り薬の場合全く効果が見込めず頭皮がかぶれ逆効果だったという話もあります。

またリアップには初期脱毛というのが必ず起きるらしい‥。

ただ髪が生えてきたという実例もあるそうなのでもう
現在の生えてる髪の毛に未練がないとかなら全然試してみてもいいんじゃないかと思います。

ただあえて選ぶなら塗り薬ですかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)