HOME

ブンゴ197話ネタバレ河村対瑛太 第三ラウンド

どうもききです。

今回はブンゴ197話のネタバレを書こうと思います。

河村は精神と時の部屋でイメージが現実を凌駕するイメージトレーニングでジャイロスライダーの特訓をしていました。

1番2番の奇跡のヒットが続いて打席は河村に回ってきます。

河村はルーティーンで100%打てる確信を得ました。

スポンサーリンク

そして河村対瑛太の第三ラウンドが開始されました。

河村は歪なフォームで打席に立ちますがそれでどれほどの違いが生まれるのか。

外野は期待を膨らませます。

結果的には逆に弱くなってて全然駄目でした。

河村が生み出した歪なフォームはジャイロスライダー特化型フォームで逆にジャイロスライダー以外は打てません。

河村はジャイロスライダー以外は全てカットしてジャイロスライダーを打つつもりでしたが

瑛太は全くジャイロスライダーを投げる気はありません。

外野から見ても河村は打撃感覚を狂わされており一方的に押されています。

全然駄目じゃん…。

しかし河村はカットし続ける中で成長を感じていました。

野球ってちょっと面白いね。

と言って終わりましたが河村の化物が目覚めたとなっておりここから天才の力を見せてくれるのかも知れません。

今回の話で個人的に思ったのは瑛太はあんまり好きじゃない。

こういう戦力的スタイルは嫌いじゃないしパワプロのサクセスで作ってみたいぐらいですが

相手はジャイロスライダーを待ってるのに勝負する気がないって

ブーイングが飛んで来ても可笑しくないですよこれは。

どうせ負けるならブンゴの方が気持ちいいでしょう。

やはりどうしても敵チームを応援してみたくなる試合ですね。

確かに瑛太はかっこいいけど微妙に好きになれないキャラって感じがしますね。

スポンサーリンク