ブンゴ171話ネタバレ感想 ブンゴと諸星ラストバトル

どうもききです。

今回はブンゴ171話のネタバレ感想を書こうと思います。

最終回野田が負傷したことで袴田はショートに行き

米村がキャッチャーになります。

米村は袴田みたいな高度な捕手はできず石浜のピッチングを受け止めきれませんが

スポンサーリンク

切り札のど真ん中ストレートは止められるので真ん中に構えて座っててくれるだけでいいって感じで最後の捕手を務めます。

最終回はブンゴは全開で球種はど真ん中ストレートに限定して連発します。

バッターはど真ん中と分かっていながらても足も出ない。

さして打席が諸星に回ってきます。

諸星は二年前のリベンジを望んでおり

ブンゴが巨大な敵となって帰って来たことを嬉しく思います。

しかしブンゴのど真ん中ストレートは最初の打席より遥かに進化しており4番の諸星でも手も足も出ない。

諸星は窮地の中でも立花のことを思い出します。

諸星は立花を憧れていましたが自分の限界が決まってしまうからやめておけと言われます。

しかし立花は諸星はもっとエゴイストで全てを叶えられる選手だと見えていると伝えます。

諸星はバッターとして誰にも負けたくないと言い

この打席でブンゴのど真ん中ストレートを打つことが出来れば野田も立花も越えたことになるので

絶好のチャンスだと逆に喜びます

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)