ブンゴ最新話146話感想

どうもききです。
ブンゴ146話の感想を書きたいと思います。
今回ブンゴ達は紅白戦で失った自身をみんな取り戻します。
ブンゴは己の愚かさを改め次なる高みを目指す決意をします。
そしてちょっと気になる場面がありました。
スカウト三人がブンゴを知っててブンゴの気迫に目を奪われます。
彼らはスカウトでブンゴを狙ってる感じなんでしょうか。
エースじゃないけどそれなりに評価があるっぽいです。
次に袴田ですが吉見チームのピッチャーを見て心の中で絶賛します。
袴田の目標が更新され彼を超えることが今後の生きがいになったそうです。
そして試合はついに吉見vs柿谷。柿谷は吉見の切り札を打ちたいのでわと球をファールにします。
柿谷は吉見の切り札スプリットを放つようにお願いしますが
吉見はスプリットを使わず渾身のストレートでねじ伏せました。
ここはスプリットだろという場面でしたがスプリットとぎりぎりまで思わせといて
渾身のストレートではありますがちょっとせこい感じに打ち取りました。
それがエースってことなんだと思います。
吉見が言ってた自分を押し殺すとはそういうことなんだと思います。
次週で試合は決着する見たいです。
ただ圧倒するのみ。素晴らしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)