ブンゴ最新話感想ブンゴホームラン

どうもききです。
ブンゴ最新話感想を書きたいと思います。
夏の大会初戦は二軍をメインにチーム編成したことにより相手チームに反撃されてしまいました。
ここでエース瑛多が登板します。
瑛多は袴田の指示により得意の変化球を使わず全てストレートで三振します。
瑛多はブンゴのストレートには勝てないので変化球などのテクニックにこだわっていた模様です。
相手チームは瑛多の変化球を研究しており打てる自身満々で構えていました。
そこでまさかの直球で勝負してこられて手も足も出せませんでした。
袴田は瑛多に言いました。瑛多のストレートはブンゴより下だけど中学生全体で比べたらトップクラスだと。
そして瑛多の投球で勢いを取り戻したチームはさらっと逆転します。
しかも最後逆転ホームランを打ったのはブンゴでした。
ヘルメットで顔半分隠れてたのでいつも通り普通に野田がホームラン打ったと思いましたがブンゴでした。
一瞬見間違いかと思いましたがさも当たり前のようにホームラン打ってましたね。
というか今回野田全く活躍してません。
何でいきなりスランプになってるのか気になりますが次のステップに進むためのイメージができないようです。
一方上本牧チームは32点で圧勝していました。
正直下川と橘以外モブみたいな連中でしたがまさかの前より強くなってるっていうね。
諸星はともかく他の選手も強いとは腐っても上本牧、ブランドがそうさせるんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)