ブログ魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値なのか

どうもききです。

今回は魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値かどうかについて議論したいと思います。

一生懸命書いた渾身の勝負記事が全くアクセスされないということがよくあると思います。

逆に適当に書いた記事でもなぜか上位に表示されてニーズがあればアクセスされることのほうが多いと思います。

結局投稿してみないと死に記事なのかどうかは分かりません。

じゃあガチで書いてもアクセスされなかったらその労力は無駄になるんじゃないかって話です。

例えばブログSEO関連の記事を書いてる人はたくさんいます。

高クオリティな記事を書いたとしてもまず間違いなく圏外です。

でも1万記事ぐらい書いてるのに検索下位の人沢山いますよね。

その労力は無駄なんでしょうか?

実はそうでもないです。

例えばワードプレスの場合ページの最後に関連記事が表示されてその関連記事を読む人がいます。

沢山記事を書けばどれかがヒットするでしょう。

そこからページを回遊してもらう必要があります。

もしその記事が本当に面白ければ滞在時間が長くなり回遊率も増えます。

それが結果的にGoogleに評価されて検索順位が上がりアクセスが増えていくという仕組みです。

つまり必要なのは関連記事を増やすことと良質な記事を書くことですね。

質の高い記事を書くことが一番重要ですが

鍵になるべき量が絶対的に必要ということですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)