ブログ半年後PVが0に!アクセスが減少した時に絶対にやってはいけないこと

どうもききです。

今回はブログのアクセス減少についてお話したいと思います

ブログを運営してから半年が過ぎました。
他の方が言われている通り確かに3か月が過ぎたあたりから軌道に乗り始めました。
5か月目は一気に100pvを超えてこのまま右肩上がりだと思っていたんですが、
半年後PVが0まで激減してしまいました。

浮かれていた時に絶望の谷底に落とされたので衝撃が半端なかったです。
理由は言うまでもなく記事の検索順位が急落したこと
自分の場合ほぼすべての検索順位が落ちていたのでもう一瞬でした。

どうやら8月のgoogleアップデートで布順位が落とされたようです。
パンダアップデート、ペンギンアップデートやらブログ始めたときは無縁だったのでまさかこんなことが起こるとは思いませんでした。

googleアリティクスで調べたところ直帰率や滞在時間がgoogleアップデートに関係してるみたいな。

記事の旬が過ぎてもちょろちょろ拾ってくれる方がいるのですが今回でメイン記事が全部死亡。

嫌もうほんとにやめようかと思いました。サーバー代きついですし

こっから立ち上がるのは相当難しいです。

順位が落ちたこと自体はもういいんですよ。新しい記事を更新しても0が動く気が全くしないので絶望しかなかったです。

始めた当初よりひどいですよ。これは

実はこの時重大な過ちを犯していました。

アクセスが減少した時に絶対にやってはいけないことそれはゴミ記事だと思う記事を削除すること

ゴミ記事がgoogleの評価を下げているのではないか?そう思ってしまったんですよね。

ですがそれは大きな間違い。確かによっぽどひどい記事は消した方がいいんですが記事数がそんな多くないなら消すべきではないです。

確かに記事を消したらgoogleの評価に関係があるとはgoogleは一言も言ってません。(ないとも言ってないけどね

確かにそんな記事誰も見ないかもしれませんがクローラーは見ますからね。

もしあなたがゴミ記事だと思っている記事が上位に表示されていたとしてそれを安易に消した場合クローラーが回ってきません。するとどうなるのか

有益とか無益とか以前に反応すらされません。

ゴミかどうかの判定を受ける権利すらないのです。

だから記事数は絶対的に必要です。(まあよっぽどひどい記事は消した方がいいですね。)

有益かどうかはあなたが判断するのではなくgoogleが判断するんです。

だからgoogleは記事を消すべきではないと言ってるんでしょうね。

とりあえず今できることはライバルを分析して次に生かす。

既存の記事に関してはできるだけネットユーザーが食いつきそうなタイトルに変更する。それぐらいですかね。

後はとにかく更新することですね。過去の記事の修正作業をずっとしててもしょうがないです。

自分はゴミ箱に送った記事を全部戻してひたすら更新し続けました。

そうすると光がちょっとだけ戻ってきた気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)