ブログ上位表示に良質かどうかはあまり関係ない件

どうもききです。

今回はブログの上位表示において記事が良質かどうかはあまり関係ないという件についてお話したいと思います。

誤解されないように先に言っときますが悪魔でブログ上位表示に良質かどうかは関係ないだけで良質な記事は書かないといけません。

良質な記事を書くことはブログ訪問者の滞在時間リピーターの獲得などドメインパワーを上げる上でとても重要で後半でSEOでも有利になってきます。

しかしそれはブログが上位表示されて人にアクセスされるようになってからの話。

スポンサーリンク

最初は誰からもアクセスされずGoogleの評価によって順位が決定されます。

当然誰も見ないので滞在時間もユーザーの満足度も関係なくGoogleの一存で決められてしまうという状態です。

記事が綺麗かどうかは関係ない

悪魔で人ではなくGoogleが評価する上での話ですがどれだけ良質で分かりやすく完結にまとめていて見出しや色などを使い

綺麗で見やすい記事を書いたとしても上位表示には全く関係ありません。

また上位陣はみんな同じような内容の記事を書いているので自分は同じ内容の記事は書かず新しい情報を提供してもあまり関係ない。(例えで料理激戦区でみんな同じような料理を出してる店だから自分は他に無いものを出してみるとか)

ちなみに今例えで料理激戦区と言いましたがこの記事はSEOに関する記事で料理とは全く関係ないけど料理というキーワードと方が上位表示される可能性は高い。

さすがにこの記事が料理のキーワードで上位表示は飛躍しすぎですがこれは本当の話でその訳について解説します。

穴場の存在

穴場とは重要が圧倒的に多くそれに対して供給が全くない市場。

たくさん検索されてるキーワードなのにそれに該当する記事を誰も書いてないライバルがいないゾーンを穴場と言います。

Googleはこの穴場を埋めることを最優先に行動します。

例えゴミのような記事でも穴場を埋めることが最優先。

なので突然関係ない記事が上位表示されてアクセスが殺到される現象が起こる。

もしこの記事が料理というキーワードでアクセスされた場合料理とは全く関係ない内容なので即離脱は必然です。

しかし料理というキーワードが穴場だった場合、例えば1000アクセスで全員1秒も経たず即離脱したとしてもGoogleはその記事の検索順位は絶対に落とさない。

何故なら穴場を埋めることが最優先事項だからです。

ただし自分のブログの評価はどんどん落ちていきますw

結局キーワードが一番重要

先にお話したとおり良質な記事を書いてもアクセスされる前の段階では上位表示には全く関係なく穴場でしか上位表示されます。

どれだけ有益な情報を書いたとしても既に充実した市場を栄えさせる必要性がないんですよね。

では結局どうすればいいのかと言えば

やはりキーワードですね。

いろいろなキーワードを盛り込んでいれば アクセスされる可能性があるのは上がるのは間違いないです。

またアクセスされて終わりでは勿体無い。

良質な記事で検索ユーザーを満足させて関連記事でブログの中を回遊させる。

関連記事でブログの中が回遊されればいまだ未発達の記事も上位表示されていきます。

正直もうこのコンボしかないと思ってます。

まとめると良質な記事かどうかは人間が決めることでアクセスされる以前の状態、滞在時間などのデータがない場合Googleは良質かどうかは重視しない。

一万文字もアホみたいに書いて中身がとても良質であったとしてデータがなければGoogle的には全く関係ない。

その辺はGoogleアドワーズとかでお金を払って上位させて人間に対して良質かどうかをテストしてもいいかも知れません。

ただしそれでも上位表示されにくいのが現状です。

さすがに滞在時間10分もあれば話は変わってくると思いますが‥(滞在時間が10分クラスなると紛れもなくユーザーにとって有益と言えるのでGoogleのルールとかに支配されず上位表示できる)

その辺の戦略も考えつつ良質な記事を書くのが重要なポイントであると思われます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)