ブラッククローバー201話のネタバレ 悪魔vsリヒト

どうもききです。

今回はブラッククローバー201話のネタバレを書こうと思います。

パトリからグリモワールを奪った外界へ出るため出口を目指しますがそこへリヒト(本物)が立ちふさがります。

リヒトの存在は不安定で理性もない状態ですが悪魔を倒すために追ってきました。

悪魔は頑張ってる褒美に殺してあげると言って雷の槍を飛ばしますが

リヒトはそれを易々と跳ね返し悪魔は血の盾でガードします。

悪魔は続けて言霊を発動しリヒトの剣を無力化しました。

悪魔の言霊魔法で生み出した物質は異能的なものではなくただの物質で

リヒトの剣は魔法を吸収できるがただの物質は吸収できないようです。(無属性のただの物質が魔法より上位の威力を持っているのは謎)

悪魔はリヒトを無力化し動けないリヒトを鉄の槍で仕留めようとしますが

そこへシャーロット(転生)が助けに入ります。

ヤミもその場に到着し悪魔の禍々しい氣を察知します。

悪魔の氣は悪意しか感じないらしくそれ以外何も感じない異質な存在らしい

悪魔を見たヤミとシャーロットは一時休戦し先に悪魔を片付けることにします。

しかしシャーロットの茨は炎の波に焼かれ枯らされかなり相性が悪そうですが

ヤミの闇魔法とは相性が良さそうで闇魔法で悪魔の攻撃を無効化し反撃します。

しかし悪魔は真空の壁は作らず普通に避けます。(空間断絶では闇魔法は防げないらしい)

シャーロットは茨魔法を繰り出しますが虚しく言霊に枯らされます。

しかし茨は攻撃目的ではなく目眩ましが目的で茨から現れたヤミの次元斬りに悪魔は腕をぶったぎられてしまいます。

悪魔は腕をぶったぎられても再生できるので余裕の表情です。(もし頭部消し飛ばされたら復活できなくね?)

一方フィンラルは眠っていますがネロに叩き起こされ突然喋りだすという非常事態が発生しました。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)