パイレーツオブカリビアン最後の海賊感想

最近パイレーツカリビアン最後の海賊をツタヤでレンタルして視聴しました。
ワールドエンドがピークで生命の泉が微妙だったので最近見てなかったのですが
今作超面白かったです。これぞパイレーツのノリって感じでした。

今回の主役はウィルの息子で父をダッチマンの呪いから解放するためにポセイドンの槍を探しますが
可能性が薄いのでとりあえずジャックなら何とかしてくれるかもしれないとかでジャックを探す旅に
出かけます。
今回の敵はサラザールという亡霊でまあ死人なので無敵です。
デイビィジョーンズと似たような感じです。昔ジャックのコンパスの力で魔の三角海域に
誘導されて死亡しました。その復讐でジャックを探しています。
彼は見つけた海賊船を片っ端から沈めていき必ず一人だけ生かして生き証人にします。
船員は全員チートで死なないしブルックみたいに海を走ることができます。
ただし船員全員デイビィ同様陸には上がれません。
ウィルの息子は旅の途中でサラザールの生き証人になりジャックにサラザールのことを伝えにいきます。
助けたるから一緒にポセイドンの槍探してくれって感じですね。
ついでにバルボッサもとばっちりくらって仲間になります。
今回の話の鍵はジャックのコンパスでコンパスは持ち主の一番欲しい物のありかを教えてくれるが
裏切ったら最大の恐怖を持ち主に与えるみたいな。
ナビ無視したら死のナビゲーションになる感じなのかそのへんよくわかりませんでしたが
とにかくそれが原因でサラザールが突然出てきたってことらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)