デスエンドリクエスト感想

どうもききですデスエンドリクエストをしばらくプレイしたので感想を書きたいと思います。
まず神ゲーかどうかでいえば今の所何とも言えない。
評価はいいみたいですがそんな革新的なゲームではなくネプシリーズと大差ないですかね。
ただバグの演出がすごくよくてニーアオートマタみたいな雰囲気です。
ゲームのタイトル画面で初めて感動しました。

ストーリー

主人公は世界初のフルダイブのVRMMOゲーム開発プロジェクトのチームでした。
しかしゲームがバグだらけでどうにもできないレベルになったのでプロジェクトは凍結されました。
主人公はいつの間にかそのバグだらけのVRゲームの被検体になっていてログアウトできなくなります。
唯一ログアウトできる方法がエンディングを目指すことなのでラスボスを倒すことがゲームの目的になります。まあアリシゼーションみたいな感じですね。

グラフィック

背景や建物に力入れないですが、今回はちょっと頑張ってるのかもしれない。
ファンタジー感はありました。

ロード時間

今までのゲームは爆速でしたが今回地味に長い。

バトル

3回行動パターンを選択するコマンド式。バグの汚染みたいなのがありますが
そこまで変わったことはしないですね。

以上が評価になります。まだ判断はできませんが買う価値はあるとは思います。
美少女3dモデルでグロテスクというのは斬新でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)