カイジ最新話289話感想 遠藤再登場

どうもききです。
カイジの24億逃亡編ですがやっと話が動きました。
今回はカイジらが五日間迷走してたけどその間帝愛何してたの?って話です。
カイジらが逃走してから一回も帝愛には出会ってませんが実は総動員でカイジらを追跡していたようです。
そしてカイジらを捕まえる作戦のリーダーに遠藤が抜擢されました。
どうやら黒崎が遠藤に頼んだみたいです。
黒崎的には会長の機嫌が悪くなったらとばっちりで死にますからね。
昔の敵とか言ってられなかったみたいですね。
遠藤の作戦はカイジらを懸賞金にかけて星の数ほどいる債務者に協力させること。
情報だけでも3000万の賞金が与えられるようです。そりゃ目も血走ります。
さらにレンタカー屋などにも金で協力を呼びかけました。
ここまでやればいつかは捕まるだろうという計算でしたが、全くかすりもしなかったようです。
その原因はカイジらの迷走にあったようです。
カイジらは急いで計画を実行するつもりでしたがいろいろ手違いが発生して全く動いていません。
チャンは道に迷いカイジは待ち合わせ場所を捨ててホテルに一旦避難したので全然帝愛の予想とは別の方向に向かってるんですよね。
5日たったのにかすりもしなかったことに遠藤は焦っているようでもしかしてもうレンタカーの話は終わってるんじゃないの?ってことですね。
このままが成功したら帝愛全員制裁ですかね。
実際それが一番楽しみではあるんですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)