HOME

エロい人はハゲやすいは関係ない理由

どうもききです。

今回は薄毛に関して性欲が強いとハゲやすいのかどうかについてお話したいと思います。

エロい人はハゲやすいとよくいわれますが

それは全くのデタラメです。

確かに性欲が強いと男性ホルモンの分泌が活発になりますが男性ホルモン事態が薄毛の原因ではなく男性ホルモンと5αリアクターゼが結合したジヒドロテストステロン(悪性男性ホルモン)が薄毛や脱毛の原因になります。

スポンサーリンク

男性ホルモンはむしろ髪の毛に対して良い影響を与えているもので性欲が強いとハゲるどころか逆に髪の毛を太くしてフサフサにしてくれるぐらいです。

ひげが濃い人は逆に髪の毛が薄かったりしますがその理由は毛を生産する細胞の司令塔である毛乳頭細胞の受容体が男性ホルモンなどに対しての影響を受けやすいかどうかに関係しています。

ひげには毛の成長を阻害するような因子は存在しないんだけど髪の毛には脱毛因子と呼ばれる毛の成長を阻害する因子が沢山存在します。

先ほど男性ホルモンが髪に良い影響しか与えないものだと言いましたが一つ疑問が発生してくると思います。

男性ホルモンは5αリアクターゼと結合して悪性男性ホルモンに変わります。

男性ホルモンは薄毛の間接的原因でもあるから髪の毛に良いとは言え大量に分泌されたら悪性因子をその分産み出してしまうわけだからどちらにせよ性欲は抑えたほうがいいんじゃないかと思われるかもしれません。

その辺は5αリアクターゼの分泌量によって変わります。

5αリアクターゼの分泌量は体質や遺伝によって決まります。

対策として5αリアクターゼと男性ホルモンの結合をブロックしてくれる薬品としてフィナステリドという成分が配合されているプロペシアなどがあります。

フィナステリドはジヒドロテストステロンの生産を阻害する効果がありますが発毛や育毛などの効果はありません。

しかし実際にそれだけで育毛や発毛に成功してフサフサになった人もいるとか

ただ他にも複雑な問題は沢山あります。

結局の所薄毛の問題は総合的な結果になるのでたった一つの育毛剤では育毛は難しいと言えるでしょう。

スポンサーリンク