ようこそ実力至上主義の教室へ9巻感想考察 坂柳ハニートラップ

どうもききです。
今回はようこそ実力至上主義の教室へ9巻の感想と考察を書きたいと思います。
今回の表紙は橋本と神室ですがメインは一ノ瀬になります。
今回坂柳が一ノ瀬を潰す作戦を実行します。

ザックリとまとめると坂柳が一ノ瀬が犯罪者という噂を流し一ノ瀬は心を折られ学校に来なくなる。
綾小路は神室に一ノ瀬を助けるよう依頼され一ノ瀬の心を修復。
結果一ノ瀬は坂柳を跳ね除け坂柳の作戦は失敗しました。

実際は坂柳が綾小路を釣るために行った行動なので自分で一ノ瀬を潰しといて神室に綾小路に一ノ瀬を助けさせるように仕向けただけになります。(坂柳の作戦を全て教えてついでに一ノ瀬を助けるための答えも教えるというなめ腐ったまねをされる)

全て坂柳の自作自演で無理やり動かされた綾小路は超不機嫌。

あんまりしつこいので綾小路は坂柳の勝負を受けてあげることにしました。
次巻決戦となります。
今回気になる伏線がいくつか用意されてありました。

坂柳のハニートラップ

今回坂柳が山内にハニートラップを仕掛け山内はコロッと色仕掛けに引っ掛かり手ゴマにしてしまいました。
容姿よりも頭脳や実力重視の坂柳が自らのの可愛さを作戦に組み込んでしまうのが予想外でした。

山内を手ゴマにして操り綾小路との勝負で有効活用するっぽいですね。
普通に考えるなら山内をスパイとして操りCクラスを滅茶苦茶にするって感じですかね。

しかし何故無能な山内をわざわざ選んだのか。

確かに洗脳するのは簡単ですがそんなしょぼい作戦で果たして綾小路を倒せるでしょうか?

山内をわざわざ手ゴマにするぐらいなら櫛田か龍園を仲間にすれば綾小路といえど簡単に落とせるはずです。
坂柳も龍園が綾小路に潰されたとほぼ予想していますし龍園櫛田と言えど綾小路を潰すためなら喜んで協力してくれるでしょう。
さすがにそれぐらいの頭は回るはず。

じゃあなぜ山内を使うことにしたのか。
おそらく綾小路の正体を誰にも知られずに綾小路を倒すという縛りルールを自らにかけているのだと思います。

だから龍園が綾小路に倒されたとわかっていてもその話は絶対にしません。

後は手ゴマにしやすかったら誰でもよかったって感じですね。
仮にも最高峰の頭脳を名乗っているのでもうちょっとひねってほしいですね。

綾小路の真の狙い

綾小路は坂柳に踊らされついでに勝負まで受けさせられましたが全て計算通り動いているらしく本当の目的は坂柳を倒すことではないらしいです。

本当の目的は櫛田を退学にさせることだそうです。

坂柳の勝負と櫛田を退学にすることに一体何の関係があるのか路線が違いすぎて意味不明です。

無理やり考えるなら坂柳が洗脳した山内を操ってクラスを滅茶苦茶にするテンプレ作戦を実行→綾小路はその作戦を利用しわざとCクラスをボロ負けされる→ついでに櫛田が退学になるように仕掛ける

ていう展開ならありえますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)