はねバド!羽咲綾乃の人格 超傲慢主人公

羽崎綾乃とは

アフタヌーンの漫画はねバドに登場するキャラクターで主人公。

普段は臆病で人見知りな性格だがバドミントンに関しては天才的なセンスを秘めている。

そんな綾乃ちゃんですが巻を重ねるごとに人格が変貌していきます。

最初は優しい人格でしたが次第に傲慢な態度をとるようになりみんなから恐れられます。

人格が変わったというより元々そっちが本当の姿みたいな。

そんな綾乃ちゃんの真の人格を紹介したいと思います。

人格1超傲慢

i
常に他人を見下しており自分が最強だと考えている。

先輩だろうがちゃん付け

バドミントンをするときは左利き手ですが雑魚相手には利き手じゃない右手で相手をするというなめ腐ったプレイをします。(雑魚相手には手加減します)

また相手の土俵で勝負するというプレイスタイルでわざと相手に必殺技を使わせてあげるというサービスをしてそのうえで叩き潰します。

芹が谷には相手をなめ腐ることに関しては天才的と言われるほど

人格2負けず嫌い

羽咲は普段は穏やかですがバドミントンでは超が付くほどの負けず嫌い。

頭から血が出ても無限にラリーを続ける。

普段は完璧な守備をしとけば相手が勝手に自爆してくれますが

相手がカウンター(罠)に引っ掛からなかった時は気に食わないとなり

弱点であるスタミナ切れを無視して自力でこじ開けに行きます。

1点とられただけでラケットをバキバキにしてしまう。

 

人格3冷徹


母親に捨てられた憎しみによって冷酷な人格になります。

バドミントンでは相手を精神的に追い詰め苦しめます。
相手を挑発するのが得意ですが逆に挑発されるのは嫌い。
怖い顔で睨んだら荒垣に可愛い顔してんじゃん。
と言われたときにはかなり不機嫌になりました。

この時の羽咲は通常の十倍ぐらい強い。

通常モードでは芹が谷にすら勝てませんが冷酷モードでは自分よりはるか上のランクの選手すら圧倒します。

実際に芹が谷に性格悪いと言われるシーン

本人無自覚とのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)