このすば15巻感想ネタバレ最終章へ

どうもききです。

今回はこのすば15巻の感想を書こうと思います。

前回セレナという魔王軍の幹部が登場しアクアの地位と名声が全て奪われました。

今回はセレナを倒しアクアの地位を取り戻すのが目的になりますがセレナは想像以上の力を秘めていました。

女神の信仰心と分配法則について

セレナは傀儡魔法や復讐魔法といった大きな力を扱えますがそれはセレナ自身の力ではなくセレナが信仰している邪神レジーナの力を与えてもらっているようです。
女神(邪神も含め)は信者が多ければ多いほどパワーアップします。

逆に女神は信者全員に自分の力を分け与えます。信者の側は逆に信者が少なければ少ないほど信仰によって得られる恩恵が大きいようです。

レジーナの信者はセレナしかいないので恩恵を独り占めしたことによって大きな力を得られました。

傀儡魔法は他人に恩を売るのと引き換えにその人を隷属させることができる能力。
自分が死んだ場合傀儡にされた人たちも全員死にます。

復讐魔法は自分に与えられたダメージををそのまま本人に返す能力。
自分が死んだ場合自分を殺した相手も死ぬ。

死の魔法デス

セレナは幹部としての戦闘力は最弱ですが相手を一撃で殺せる魔法を持っています。
デスという強力な魔法が登場しましたがハリポタのアバダケデブラ並みに協力な呪いで相手を一撃死させることができます。

相手に人差し指を剥けてデスと唱えれば相手は即死しますw

この力はレジーナの信者が自分一人の場合にのみ使用可能で

その威力は女神であるアクアでさえ一撃で死亡させるほどのようです。

しかしカズマがレジーナの信者になったことで無力化されてしまいました。

このすば最終章へ

長く続いたこのすばですがとうとうクライマックスが近づいてきました。

アクアが天界に返らなくてはいけなくなり問題を先送りにしていた魔王をアクアの事情によりすぐに倒さないといけなくなりました。

カズマは今の暮らしを気に入っていたようでアクアに返ってほしくないと説得します。

アクアも今の暮らしを気に入っており天界の暮らしは特に楽しいことはないそうです。

ただそれでもアクアはどうしても帰りたいようです。それが神としての使命のようですね。

魔王の幹部は残り二人らしくそろそろ終わりが近づいてきました。

次回は魔王の娘がついに登場ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)