ぐらんぶる11巻感想ネタバレ

どうもききです。
今回はぐらんぶる11巻の感想を書きたいと思います。
ぐらんぶるも11巻までこのノリが続いていますが正直そろそろマンネリがきつくなってきましたがまだ楽しめそうです。
今巻は千沙ちゃんメインなります。ここにきてやっと切り札切りましたかって感じです。
前回のあらすじで伊織たちは無人島にキャンプにきているわけですがそこでテニスサークルと被って一緒にキャンプを楽しむことになってしまいます。
相手メンバーは工藤とか毒島とかです。
そこで毒島は伊織の彼女がいるという衝撃の事実を知ってしまい千沙にノリが悪い子みたいなことを言ってちょっかいをかけます。

千沙は挑発に乗ってしまいロシアンルーレットみたいなゲームに参加します。
運悪くゲームに負けまくった千沙は罰ゲームで酒を沢山飲みキャラ崩壊してしまします。
そのあと海で転んで濡れてしまい一人着替えに行きましたが着替え中の裸を伊織に見られてい恒例のかけっこが始まります。
しかし今回なかなかしぶとく千沙は伊織を捕まえられません。
さすがに今回捕まったら命はないので伊織は全力疾走で逃げ切りました。
しかしそれが原因で千沙の機嫌が悪くなってしまい口をきいてくれなくなります。
そのあと伊織が道中の会話で意識しているなどの誤解発言をしてしまい千沙は伊織が自分が好きだと勘違いしてしまいます。
最終的に伊織が千沙をダイビングに誘ってなんとか会話し誤解をときました。
誤解発言で告白まで行っちゃいましたが恋愛話はここまでで終了になります。
あとはくだらない日常の話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)