HOME

かぐや様は告らせたい9巻ネタバレ感想

どうもききです。

今回はかぐや様は告らせたい9巻のネタバレ感想を書こうと思います。

9巻は石上メインの巻で石上の過去が明かされます。

石上は滅茶苦茶女子に嫌われています。

スポンサーリンク

ただキモいから嫌われているわけではなく、その理由は石上の過去にあったんですね。

石上は昔からいんきゃでクラスで浮いた存在でしたがそんな石上にも分け隔てなく接してくれる女の子がいました。

その女の子は大友京子という人物で石上は一方的に好きになりましたが彼は現実主義者で別に告白して付き合いたいとから無かったそうです。

しかしそれとは別に無駄に正義感が強く柄にもなくヒーローみたいなことをしてしまいます。

石上は大友が好きでしたがその大友がイケメンの男子と付き合いました。

石上にとっては悲しいニュースですが別に彼女と付き合えると思っていたわけではないので普通に諦めます。

しかしその大友の彼氏は悪人で既に他に彼女がいて大友を何かしら利用しようとしているゲス野郎だという事実を石上は知ってしまいました。

石上は大友を助けるために二度と大友に近づかないようにその男子を暴力でボコ殴りにしました。

その場面をクラスのみんなに見られてしまい石上は訴えますが彼氏が大友を利用しようとしている事実を誰も信じてもらえずむしろそのストーカー紛いの行為にひかれてしまいます。

結局石上は低学処分になりその後転落人生を歩むという話でした。

その後事件の真実にたどり着いた白銀に生徒会に誘われ生徒会入りを果たします。

かぐやのルーティーン

前巻の最後でかぐやは白銀を意識するレベルがピークに達し恋の心臓発作で倒れてしまいました。

また同じパターンにならないようにルーティーンを会得することになります。

かぐやはルーティーン(右手で左ほほを触る)という動作でドキドキしている状態から一瞬で冷静状態になることができるようになりました。

藤原とかぐやのケンカ

藤原は白銀が人並み以上に不器用なため行事のたびに白銀を教育していました。(今回は踊り)

しかし白銀があまりにも不器用すぎるため愛想をつかせてしまいます。

スポンサーリンク

白銀は藤原に頼りすぎたと言い一人でトレーニングしますがそれを見たかぐやは舞踊に心得があるといい教えてくれると言います。

かぐやの教え方が上手すぎて白銀の踊りは上達しますがそれを見た藤原は嫉妬します。

いきなりヤンデレ化して珍しくもかぐやに突っかかり二人の意見は対立してケンカになりました。

藤原は白銀に教えることに喜びを感じていたようでそのポジションを取られたかぐやにブチギレという話でした。