漫画感想ブログ

HOME

かぐや様は告らせたい129話(139話)ネタバレ感想デフォルメ

どうもききです。

今回はかぐや様は告らせたい129話(139話)のネタバレ感想を書こうと思います。

今回久々に生徒会業務を再会しますが白銀は昨日の四宮のキスが気になっておりお互いもう恋人って認識でいいんじゃないかと考えます。

しかしかぐやの認識が恋人になってない可能性があり無理に踏み込めば地雷を踏む可能性があると変な思考が脳を過ります。

スポンサーリンク

白銀は昨日のキスの件の話し合いをするべくドキドキしながら四宮が生徒会室に来るのを待ちますが

現れたのはうまるちゃん並みにデフォルメされた2等身のかぐやでした。

前回かぐやは白銀とロマンチックな夜を過ごした幸福感でIQがかなり落ちて顔がデフォルメ化していました。

さらにその夜は眠れなくなり寝不足になります。

かぐやの頭の中では脳内会議が開かれ脳疲労を軽減するために一時的に低IQモードになっているようです。

藤原曰くかぐやはその日の精神状態で性格がコロコロ変わるらしく脳疲労が極限まで達したかぐやの精神は幼児と同じ並みだそうです。


 

白銀はお互いのこれからの関係についてかぐやと話がしたいですがかぐやとの会話は成立しません。

IQが20以上違うと会話は成立しないらしい‥‥。

白銀はかぐやと会話を成立させるために自身のIQをかぐやと同じぐらいまで落とします。

結果お互いの会話は成立しましたが中身のない会話だったので意味はありませんでした。

伊井野が遅れて生徒会に到着すると頭がイカれた二人が謎の会話をしていて驚愕します。

伊井野の視界にはデフォルメされていないかぐやが写っており2等身のかぐやは悪魔で目の錯覚のようなものみたいです。

単に作者が描くのめんどくさくなってデフォルメしているのでは‥‥。

スポンサーリンク

関連記事