かぐや様は告らせたい135話ネタバレ

どうもききです。

今回はかぐや様は告らせたい125話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回でハートを盗んだ怪盗は白銀と判明。

白銀は何故屋上にかぐやを意図的に呼んだのか?

それは屋上から眺めるキャンプファイヤーというロマンチックなシチュエーションでかぐやに告らせるためですね。

白銀はかぐやが告白しやすいように誘導しかぐや自身も告りたいが

好きですの言葉が出てこない‥‥。

覚悟など実際の状況に陥れば何の役にも立たないとはこのこと。

明日死ぬとしても絶対に告白はできない。

それが覚悟の重みということですね。

ただ確かにかぐやから切り出しにくいタイミングではありますね。

普通に考えて呼んだほうが告白するやろって話ですね。

白銀は怪盗の正体を暴いた報酬になにか欲しいものはないかと問います。


 

かぐやは心の中で思いをぶちまけ告白しまくりですが心の声なので意味はなく

白銀も動きません。

互いに両想いなのは確定的ですが心のどこかでまだ攻略が完了していないのでは

という疑念があるんですね。

かぐやは会長から告白してくれないので泣いてしまいます。

100%って‥‥。

これまでの頭脳戦で99%ぐらいは確信できる要素がありましたが

100%じゃないとギャンブルできないかぐや様。

困った白銀は最終手段で今まで盗んで集めたハートを空にぶちまけて

「これが俺の気持ちだ」

という遠回しではありますが盛大な告白をしました。

結果から言うと【かぐや様は告らせたい】

というタイトルどおりかぐやから告白することはあってはならない。

ということですね。

後2、3話ぐらいで最終回ですかね。

アニメ始まって早々クライマックスって‥‥。

それが見たかった気もするが

終ってしまうのはもっと悲しいですね。

その前に過去編だけじっくりやって欲しかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)